「EVENT@知財」では、知的財産に関するイベントをご紹介していきます


【知財情報局】満了のお知らせ
2002年の開設依頼、約15年間運営させていただいた【知財情報局】は2016年末をもって更新を終了いたします。【知財情報局】は、『知的財産』という言葉すら普及していない2002年に、その啓発目的でスタートした情報サイトです。2016年の現在、『知的財産』という言葉はとても一般的となり、中小企業やベンチャー企業にとっても、当然のように戦略的に知財活動に取り組まれる環境になりました。また、知的財産に関する情報もインターネットの普及で比較的容易に収集できるようにになりました。従いまして【知財情報局】も、設立目的である啓発活動に関して一定の役割を全うできたと判断し、無事に満了とさせていただきます。
設立当初の予想を超え、ユーザー数2万/1日平均4万ページビューの情報サイトとなり、多くの方々に支えられました。これまでの多くの方のご支援に改めて感謝申し上げます。この感謝の気持ちをエネルギーとし、更にお役にたてるよう、私どもも様々な活動を実行させていただきます。/株式会社ブライナ

【9/17〜12/19:全国】知的財産権制度説明会(実務者向け)
セミナー・勉強会】発信:2013/07/31(水) 15:53:21  

  特許庁/各経済産業局/内閣府沖縄総合事務局が、知的財産権の業務に携わっている実務者を対象に全国の主要都市で開催する、「知的財産権制度説明会(実務者向け)」。本年度は、企業活動をグローバルに展開していく上で重要となる特許の国際出願制度である特許協力条約(PCT)、商標の国際出願制度であるマドリッド協定議定書(マドリットプロトコル)、産業財産権をめぐる国際情勢等、グローバル化に関連する講義について、講義内容の見直しを行い、より充実した内容となっている。参加費は無料でテキストは当日会場配布。聴きたい講義テーマごとに参加できる。なお、下記のサイトには、開催地別日程表だけでなく、講義別開催情報も掲載され、聴きたい講義が、近隣も含めどこの会場で受講できるかも確認できる。

【日時】9月17日(火)〜12月19日(木)
【場所】23区(1)(東京)、大阪市(7日間)、名古屋市(6日間)、札幌市、広島市、福岡市(4日間)、仙台市、金沢市、高松市(3日間)、千葉市、23区(2)、横浜市、浜松市、京都市、神戸市、熊本市(2日間)、盛岡市、福井市、松山市、徳島市、高知市、那覇市(1日)
【参加費】無料(事前申込み要)
【詳細】知的財産権制度説明会2013 実務者向け



【セミナー・勉強会】の最新掲載イベント

知財情報局または情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

>このページのトップへ