「EVENT@知財」では、知的財産に関するイベントをご紹介していきます


【知財情報局】満了のお知らせ
2002年の開設依頼、約15年間運営させていただいた【知財情報局】は2016年末をもって更新を終了いたします。【知財情報局】は、『知的財産』という言葉すら普及していない2002年に、その啓発目的でスタートした情報サイトです。2016年の現在、『知的財産』という言葉はとても一般的となり、中小企業やベンチャー企業にとっても、当然のように戦略的に知財活動に取り組まれる環境になりました。また、知的財産に関する情報もインターネットの普及で比較的容易に収集できるようにになりました。従いまして【知財情報局】も、設立目的である啓発活動に関して一定の役割を全うできたと判断し、無事に満了とさせていただきます。
設立当初の予想を超え、ユーザー数2万/1日平均4万ページビューの情報サイトとなり、多くの方々に支えられました。これまでの多くの方のご支援に改めて感謝申し上げます。この感謝の気持ちをエネルギーとし、更にお役にたてるよう、私どもも様々な活動を実行させていただきます。/株式会社ブライナ

【12/9:小田原】日中韓特許庁シンポジウム
セミナー・勉強会】発信:2016/11/09(水) 17:24:30  

  日本国特許庁、韓国特許庁、中国国家知識産権局が、日中韓における行政及び司法による知的財産保護の最新動向をテーマに開催する「日中韓特許庁シンポジウム」。企業の知的財産活動のグローバル化の進展で、産業競争力の源泉として、知的財産の重要性が一層増加し、知的財産権を日本だけでなく海外でも適切に取得、活用するため、各国の制度や訴訟の動向の正確な把握がますます重要になっている。このような状況の中で、今回のシンポジウムでは、日本、韓国、中国から判事や学識経験者、政府関係者が参加して講演・パネルディスカッション等を行い、各国における行政及び司法による知的財産保護の最新動向について議論する(言語は日本語、韓国語、中国語で同時通訳あり)。なお、日本弁理士会継続研修として2.5単位付与予定。

【日時】12月9日(金)13:30〜17:00
【場所】ヒルトン小田原リゾート&スパ「Hilton Arena」(神奈川県小田原市根府川583-1 JR小田原駅から専用無料シャトルバス運行)
【参加料】無料(事前申込要 先着順200名)
【詳細】「日中韓特許庁シンポジウム」の開催について



【セミナー・勉強会】の最新掲載イベント

知財情報局または情報提供各社による記事の無断転用を禁じます。

>このページのトップへ